自民党の「憲法改正草案」について

自民党 憲法改正草案

日本国憲法第96条

憲法(日本国憲法)の改正を決定する為には、衆議院と参議院でそれぞれ三分の二以上の賛成で、国会が国民に憲法の改正を発議。

更に、その後の

国民投票で

過半数の賛成

が必要になります。

2015年~2020年頃の憲法改正反対派

かつての憲法改正を反対する声はこういうものであった。

戦争反対!

憲法守れ!

安倍はやめろ!

SEALDsによる反安倍活動が世間を賑わしていた。

SEALDsとは、「自由と民主主義の為の学生緊急行動」を謳う政治団体、学生団体である。

戦争反対!憲法9条守れ!

沖縄県の活動家

※この活動家の中に、沖縄県民はほとんどいないという話もある。

汚された米軍基地のフェンス

憲法9条で日本は平和?

否!!

竹島は韓国に実効支配され、

北朝鮮は日本人拉致を繰り返し、

日本政府は拉致被害者を救済出来ず、

中国が尖閣諸島に領海侵犯を繰り返す。

さらには、北海道を含めて、日本のあらゆる土地が中国に買収されている。

水面下による侵略

■拉致被害者の人数800人超え!?

日本経済新聞 拉致被害者と行方不明者 800人超が調査対象

■日本は侵略を目論む国々に囲まれている!?

■尖閣諸島で起きている事

■買収され続けている北海道の土地

■現行の日本国憲法は、敗戦後、GHQによって作られ、現在まで一字一句変わること無く運用されている。

※憲法の解釈が変わる事はある

自民党 憲法改正草案
最新情報をチェックしよう!
>安心・堅実の探偵コスモサポート

安心・堅実の探偵コスモサポート

探偵歴16年。たくさんの人間関係に携わり、たくさんの対人トラブルを解決に導いて参りました。 探偵業のご案内だけではなく、お悩み解決のノウハウを発信して参ります。

CTR IMG