新型コロナワクチンに警笛を鳴らす医師の声

真の医師魂

TVなど、大手メディアに露出するワクチン激押しのお医者さん。

YouTubeなどで、言論統制されてきた、反対意見のお医者さん。

真実はどちらに!?

2023年5月 速報!!

東京理科大学 村上康文名誉教授

ここにUPされている動画を視聴すれば、ほぼ全てのメカニズムから、日本で起きている人口動態統計(死亡者数)が異常な理由が明らかになります。

厚労省が公開している人口動態統計の表は、こちらに分かりやすく紹介されています。

死亡者数は右上の表

赤の線が本年度、黒の線が前年度。

大災害でも起きない限り、一年で大きな変動が起こる事はありません。

速報はここまで

内科医 池田正行 先生

池田 正行 医師
先生のWEBページより

高松少年鑑別所医務課長
(高松刑務所医務部併任)
日本内科学会総合内科専門医
米国内科学会(ACP)会員

新型コロナワクチンに関わっている医師の方々へ

大切な人のためにと思って接種して万が一命を落としても「自己責任」で片付けられる国

前略

    私はこの4月で高齢者の仲間入り、来年で卒後40年になる医師です。この手紙は新型コロナワクチン(以下 ワクチン)接種に何らかの形で関わっていらっしゃる医師の方々に向けて、先生方がおそらく御存知でないであろう事実をお知らせするために書いています。その事実とは、ワクチン接種の副作用報告に関し一般市民の方々の間で重大な不信感が高まっていることです。具体的には自分達に接種後生じた副反応が、あるいは接種後に亡くなった大切な人の死さえもが、報告されずにもみ消されているのではないかとの市民の懸念です。思い当たることがあるとないとに関わらずお読みいただきたく存じます。この問題をこのまま等閑視し放置すれば、C型肝炎訴訟をはるかに上回る国家賠償訴訟に発展しかねないと私は考えています。そのような事態は誰の幸せにも繋がりません。
    問題の本質は予防接種法第十二条にあります。この条文では、接種後の症状とワクチンとの因果関係が否定的あるいは不明と医師が判断した場合には、どんな重篤な有害事象であれ、たとえそれが接種当日の死亡であっても報告しなくてもよいとされているのです。

全文はこちら

皮膚科 佐野栄紀 教授

高知大学医学部附属病院 皮膚科

中部地方の地方局CBCテレビに出演され、ワクチンのメカニズムと、衝撃のセリフを発せられました。

詳しくはTwitter内のリンクから該当のYou Tubeが視聴出来ます。

循環器内科 藤沢明徳 先生

ほんべつ循環器内科クリニック 理事長

日本内科学会認定内科医

「接種によって逆に感染リスクが上がる。」

「ADE」と「抗原原罪」

ADE =感染増強抗体
抗原原罪=免疫力がつかない現象

大阪大学 荒瀬尚 教授

大阪大学の荒瀬尚教授を中心とした研究グループ

国立研究開発法人日本医療研究開発機構

大阪大学 微生物病研究所 免疫化学分野
荒瀬 尚(あらせ ひさし)教授

ADEについての記述が含まれている論文

新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見―COVID-19の重症化に関与する可能性―

『感染増強抗体を持っている人の感染や、ワクチン投与によって、感染増強抗体の産生が高まる可能性が考えられた。』

京都大学 福島雅典名誉教授

「新型コロナワクチン接種と死亡事例の因果関係を考える」勉強会にて

厚生労働省の職員に吠えた

「このワクチンの事を調べもせずに扇動した人間は断罪だよ!」

「この国は薬害からレッスンを受けて、もう二度と薬害ができない国になってるんです!」

「だけど、それを強引に無視して、何兆円も使ってこのワクチン輸入して、国民に扇動して、だからちっともおさまらない。」

ナノパティクルに包んで入れることがいかに危険か、あらゆる細胞がそれを飲み込んで細胞がそれで変換していっちゃうんですよ。」

「即刻、評価委員を解散して全例調査しなさい。それが結論だで。全例調査だよ!」

「ワクチン打ってからおかしくなった人は全員医療機関にしゅうちして(集めて?)、モタモタしてちゃ駄目です。
何が起こるかわからない。心血管障害、自己免疫疾患、感染しやすくなる、mRNAは脳にも入る。ナノパティクルは脳に取り込まれるんです!これを頭の悪い学者は血液関門は通らないから大丈夫だって、バカじゃない!?って言いたい。」

「日本人がはじめ蔓延しなかったのは唾液中に IgA(抗体)があって、コロナに対しての交差耐性があるから抑えられていたんですよ!」

ところがワクチン打ったがためにシャットダウンされたんだよ。自然免疫が抑えられたからこういうことになってるんですよ。ちっともおさまらないじゃない。どんどん広がりますよ。」

「全部ブレイクするー感染ですよ!今、罹ってる人がワクチン打ってないから罹ってるんじゃない。ワクチン打った人が移し合ってる。厚労省から提示されているデータで全部明らかだから!」

遺族の声

上記で、「新型コロナワクチン接種と死亡事例の因果関係を考える」勉強会のお話しが出たので、その時に出席されていた、ご遺族のお話しも掲載しておきます。

危険なロットナンバーの存在とは。

当時妊娠されていた主婦さん、出産を楽しみにしていた旦那さんが亡くなられた。

大阪では、とにかく打て打てと扇動されており、飲食店を経営していたこともあって、率先して接種した。

しかし翌日、ご主人さんは全身に副反応がいっぱい出ていて亡くなられていた。

コロナワクチン副反応データベース検索

検索設定

ロットナンバー EX3617

表示を250件

重篤度順

ロットナンバー EX3617
画像をclickすると該当ページに飛びます

当社の思い

日本は、戦後からずっと海外(米国含めた西側諸国)の利権や、圧力に弱い一面があります。

もし、その為に、国民の健康や生活まで脅かされている事実があるのなら、政府に頼るばかりではなく、国民自ら防衛意識を高めていかねばなりません。

弊社としては、出来るだけ多くの情報を集めて、国民の皆様と共有し合い、力を合わせて参りたい思いです。

日本社会が、一日でも早く2019年以前の平常時に戻れる事。

日本の未来に、明るい希望が射す事を、心から願っております。

真の医師魂
最新情報をチェックしよう!
>安心・堅実の探偵コスモサポート

安心・堅実の探偵コスモサポート

探偵歴18年。たくさんの人間関係に携わり、たくさんの対人トラブルを解決に導いて参りました。 探偵業のご案内だけではなく、お悩み解決のノウハウを発信して参ります。

CTR IMG