若妻A子が嵌った出会い系の泥沼

若妻A出会い系の泥沼

平成20年11月

探偵事務所コスモサポートに一件の相談が入った。

相談者は20代の若妻A子さん

Aさんの情報

チェックポイント 大阪府○市在住
チェックポイント 旦那さんが資格試験に向けて勉強中 大阪府○市在住
チェックポイント 子供なし

POINT1:出会い系サイトで過ちを犯す

旦那さんが、資格試験の勉強に明け暮れる日々が続く中、A子さんは、仕事も家事も、両立しないといけないプレッシャーに追われていた。

そんなプレッシャーに追い打ちを掛けられていたのは、寂しさ。

これは仕方がない事ではあるが、旦那さんとのコミュニケーションも激減してしまっていたらしい。

そんな心の隙間が大きく開いてしまったタイミングで、出会い系サイトで知り合った男がいた。

POINT2:自称:外科医の白衣の男

その出会い系サイトで使われていた、自撮り画像も白衣姿だった。

自称外科医 出会い系
※実際に使われていた自撮り画像

一度だけ・・・

この一度だけ、と許した肉体関係が、後に大火事となってしまう。

男の豹変

男はA子さんと関係を持った途端、人格が豹変した。

ヒャッハー!

「俺達の関係は終わらない。」
「裏切ると旦那にバラす。」
「来週の予定を空けておけ。」

こういった、脅迫メールを毎日毎日、何通も送ってくる様になったという。

最悪な事に、A子さんの自宅まで突き止められており、自宅の電話にも電話してくるようになった。

これが、相談を受けた時に聞いた経緯だった。

現時点の状況を整理

1,A子の自宅住所と、自宅の固定電話番号が割れている。

2,白衣男は探偵を雇っているのかもしれない!?

3,白衣男はまだ出会い系サイトに登録している。

4,白衣男の車に乗ったが、ナンバーは覚えていない。

5,白衣男の電話番号とメールアドレスは分かる。

6,旦那さんに知られたくないので、警察に相談に行くのも怖い。

さて、どうしたものか・・・

A子さんは、弊社への契約を決められた。

A子さんは、腹を括られたのだ。

成功するかどうか分からないが、手段は幾つか閃いた💡

どの手段も難しい道筋だが、取り敢えずやるしかない。

白衣男の執着心

A子さんがメールの受信拒否をしても、男は自分のメールアドレスを変えて連絡をとってくる。

A子さんが、携帯電話の着信に応じなければ、容赦なくA子さんの家に電話を掛けてくる。

執拗なまでのヘンタイっぷりである。

A子さんの家には、資格試験を控えた何も知らない旦那さんが在宅しており、白衣男はその状況を知って脅して来ているのだ。

脅迫男の執拗な攻撃

家を知られた経緯

A子さんが白衣男と接触した日、自宅から離れたコンビニで解散したらしいのだが、この時に追跡されていた可能性が高い。

(家から離れていたとはいえ、徒歩圏内のコンビニで、初対面、初体験の男と別れてしまった事は、A子さんも迂闊過ぎだ。)

A子さんは、「帰宅前に一応周囲は警戒していた。」との事だったので、「部屋番号」まですぐに割り出す事は難しいはずである。

しかし、執念があれば、日割りで追跡する事も出来る。

例えば、

1. 初日はだいたいここまで分かった。

2.次に、幾つかのマンションまで絞れた。

3.次に、マンションの特定まで出来た。

4.次に、部屋番号まで特定できた。

・・・と、こういった、細切れで割り出しが出来るのだ。

A子さんがどこかで、白衣男の車に気付いていれば防げたかもしれないし、白衣男が用意周到だったのであれば、車を変えて張り込んでいた可能性も考えられる。

A子さんのもう一つの失敗

A子さんは、もう1つ大きな失敗を犯してしまっていた。

白衣男からのメールが怖くなり、自分の携帯電話を友達に預けてしまい、男とのメールのやりとりまで、その友達に委ねてしまった事だ。

その友達は、A子さんが探偵社コスモサポートに相談している事情をを知り・・・

「よし!私も男の情報取ってやる!」

と正義感が暴走、意気込み過ぎてしまったのだ。

燃える友達 暴走

友達は、白衣男をカマにかけようと思うがあまり、白衣男の言う事に従順になり過ぎた。

まるで白衣男に好意があるかの様な甘い態度で、メールを返してしまっていたのだ。

白衣男は、その不自然さに気付き・・・

ヒャッハー💢

「お前誰や!A子ちゃうやろ!?」
「俺をハメようとしてるな!?」

などと、言い出し始めてしまったのだ。

こうまでも警戒心を持たれてしまうと、我々探偵の段取りも難航してしまう。

ここは一ヶ月ほど期間を空けて、様子を見てみるべきか・・・。

しかし、白衣男はA子さんの家も知り、家の電話番号までも知っている。

悠長な事も言ってられない。

だからといって下手に刺激するのは危険だ。

やむを得ない、A子さんには勇気を出してもらい、自分自身で白衣男とのメールのやりとりを再開してもらう事にした。

近鉄藤井寺駅を指定

A子さんは自分の手で、白衣男とメールのやり取りを再開した。

こちら、いつどこ探偵マンがA子さんに指示をしていたのは・・・

1. 観念したふりをする。

2. ペースは白衣男に合わせる。

この2点だ。

そして、3日が経過したところで、早くも白衣男がアクションを起こしてきた。

日付と時間を指定して、近鉄線藤井寺駅にA子さんの事を呼び出してきたのだ。

メールのやりとりを見せてもらうと、A子さんが会う事を承諾した途端、白衣男はこれまでの強い口調とは打って変わり、優しい口調にシフトチェンジしていた。

なんとも下衆い奴だ。

ひゃっは♪

「場所は分かる?ナビに○○○と入力すればすぐ分かるよ。」
「今まで俺を傷つけた分、優しくしてくれよ。」
「反省している事を、身体で表現してね。」

この様な文章を、連続して送ってきている。

ウゲ~💦

見事なほどに気持ちが悪い。

探偵 藤井寺の乱に備える

よし!!

当日までに、近鉄藤井寺駅の周辺を入念に下見をしておこう。

当日は探偵の動員を増やして、駅周辺に早めにスタンバイさせておくのだ。

車両のナンバー確認は絶対だ!

出来ることならば、男の車にGPS発信機を取り付けたい。

白衣男の身元を、一刻も早く割り出さなければならない。

>>NEXT 藤井寺の欄

>安心・堅実の探偵コスモサポート

安心・堅実の探偵コスモサポート

探偵歴18年。たくさんの人間関係に携わり、たくさんの対人トラブルを解決に導いて参りました。 探偵業のご案内だけではなく、お悩み解決のノウハウを発信して参ります。

CTR IMG